うつ病でも副業で稼ぐ方法

うつ病患者がせどりなどのネットビジネスに関することを書いています

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

せどりの流れ 


今回はせどりの流れについて書いていきたいと思います。一般的にはこういう流れになっています。


 実際にブックオフやツタヤに行く
       ↓
 店舗でスマホを使って商品を検索する
       ↓
 商品が何点か見つかったら持ち帰って検品する
       ↓
 アマゾンに出品する場合は出品手続きをする
       ↓
 FBAを利用する場合はアマゾンに商品を出荷する
       ↓
 商品が売れると指定の銀行口座に代金が振り込まれる


大体こういう流れの繰り返しと言ってよいでしょう。最初のうちはわからないことがあり苦労すると思いますがすぐに慣れると思います。ヤフオクやアマゾンの個人発送では商品が売れてからお客さまへの発送になります。

初期費用は少しかかると思います。実際に利益のでそうな商品を購入するわけですから、その仕入れる商品を買う資金が必要となります。また商品をアマゾンに送る場合には商品や輸送する箱にラベルなどを貼らなくてはいけないのでプリンターも必要となります。

当然アマゾンへ輸送するための送料代も払わなくてはいけないですし、商品を入れるOPP袋も必要です。商品を仕入れるための資金は多いほど良いですが、少なければ105円本やマキシシングルなどの単価の低い商品を仕入れることが出来ます。

またインターネットのショップやヤフオクで商品を仕入れることも出来ます。電脳せどりというものですが、近くにあまりせどれる店舗が少ない場合はネットも活用することが出来ます。

いずれにせよ資金が少しでもあれば誰でも始められることが出来ると思います。私もそうでしたが、最初の内は苦労したのですが段々慣れてくるようになります。どの作業にも必要だと思いますが、やはり継続性は重要ですね。
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2013/11/21 11:58 ] せどり | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。